• 疲労とリンパマッサージ

    リンパマッサージは疲労回復効果がある

    人の体が疲れたと感じるのは、体に疲労物質がたまるからです。 多く知られているのが、有酸素運動を同じ時間することで発生する乳酸です。長い間走ると体に乳酸が蓄積され、 疲れを感じるというのは、スポーツをする人は知っているでしょう。 そういった疲労物質は、「老廃物」となり体にたまります。

    こういったものがと流れずに蓄積されると、ただ一時的な疲れじゃなくて、慢性的な疲れとなり、 倦怠感やだるさを引き起こします。なので、どうやって疲れを蓄積しないかということが、体調管理が大切になります。 疲労物質が蓄積されやすい状態は、血管やリンパ管が張っている状態です。 こういったものは、実際ストレスとなります。

    精神的な負荷がある状態で血管やリンパ管は縮まります。 そうすれば、必然的に流れる血液やリンパ液は詰まっていきます。血液やリンパ液は、 脂物をたくさん食べるとドロドロになるのは、皆さん知っていることですが、ドロドロだと流れが悪くなり、 血管やリンパ管で蓄積されます。なので、疲労の根元はストレスや食事にも原因があります。

    この状況の回復には、リンパマッサージの「二重構造」を大切にします。 更に、血管とリンパ管の回復。リンパ節のある鎖骨上部や首、顔回りを重点的にマッサージを行い、収縮してしまった管を広げます。 更に、リンパマッサージの性質の1つでの癒し効果でストレスを和らげていけば、改善へと導けるでしょう。

    疲労とリンパマッサージ
メインコンテンツ

むくみとリンパマッサージ


健康と美容の両方で、とても厄介なのが「むくみ」でしょう。 そして女性だと、むくみは天敵でしょう。 大体は、むくみは一時の物で、大体の期間が過ぎると回復します。 それは顔のむくみの特徴で、誰もが1回は経験することです。


むくみは、大体の年齢なると慢性化してしまいます。 そうなれば、顔が張り、ボディラインが老化し、美容面で大きな損失となってしまいます。 更に、健康面でも、肥満の根元となってしまったり、悪循環へなってしまうのです。 場所は、リンパの流れが悪化している部分で起こります。


なので、むくんでいる所をマッサージしたら解決するでしょう。ですが、気にかけなければならないことがあります。 漫然と揉むのは、効果が出ない可能性があります。むくみが出る部位は、主に顔と手足となるでしょう。 こういった箇所のリンパの流れを向上するには、リンパ節をきちんと抑えておかなければなりません。 更に、リンパの流れを向上させる刺激の加え方を覚えなければなりません。


むくみのピンポイントをマッサージする訳でなく、周囲のリンパ管に気を配り、 体の 内側の方へ流し揉んだり押したりすることが手順です。こういったリンパマッサージと鎖骨のマッサー ジもしましょう。 むくんだ部位でなく、原因があると体のいろんなところでむくみが感じられます。 どれか 1個という訳でなく、両方のリンパをマッサージしなければなりません。片方ですまないので、多少面倒くさいかもしれませんが、 片方では効果が薄いので、しっかり行いましょう。日頃のこのようなケアが女性の美しさの元になるのです。後が楽になる、と考えて しっかり行いましょうね。