• 病気の引き金にもなりかねない便秘をリンパマッサージ改善

    女性の天敵となっている便秘は、天敵という意味でも身近で近くにある現代病といえるでしょう。 更に、ダイエットをしている女性は便秘になる危険性が上がってしまい、沢山の人の悩みの種でしょう。 ですが、皆がだからといって、便秘の症状が大したことじゃないと感じるのは、少し違っています。 痛みが伴う症状があるわけではないので放置しますが、実施あは便秘はかなり厄介な問題であるのです。

    便秘になれば、沢山の別の症状の引き金になります。 最初は、頭痛や食欲不振の問題になり、肩こり、首こり、腰痛の根元になります。 そして、精神的なストレスが蓄積される頻度が増え、イライラがたまればストレスも増加するという悪循環になります。 そして、便秘が継続すると腸が痛み、深刻な問題に発展する場合もあるのです。 そういった意味で、早目に解決しなければなりません。

    便秘とリンパは、とても大きな関係があります。 腸まわりのリンパに刺激を加えた場合、腸の働きが活性化されていき、排便をうながす作用が期待できます。 なので、リンパマッサージは便秘への効果も期待できます。

    便秘解消のためのリンパマッサージは、腰まわりと下腹部にしなければなりません。 下腹部のマッサージの時は、最初に温かいタオルを当て、のちにおへその左斜め下と両方刺激します。 腰に手を当てた体勢で揉むのも、さらなる効果が期待できます。 そして、へそを軸にし、下腹部を中心に時計回りに撫でるのも、リンパへの刺激となるでしょう。

    便秘とリンパマッサージ
    便秘とリンパマッサージ
メインコンテンツ

不眠とリンパマッサージ


全然関係がないようにとれる不眠とリンパですが、実際はとても密接な関連があるのです。 どうしてかというと、不眠の根元の多くはリンパのといえます。 リンパが滞りなく循環していなければ、眠れないといった症状を出すといわれています。 なので、不眠の問題を抱えている人は、リンパマッサージで解決できる可能性があるのです。


不眠は、その根元が明確になりにくいようです。 更に、体の問題よりも精神的な問題が大きい症状となっているので、中々具体的な治療法を行えないという、 精神安定剤や睡眠剤で応急的な処置を行う場合が主流ですが、そのような薬の前に、 最初にリンパマッサージを行ってみてはいかがでしょう。


リンパマッサージが不眠に効果的といわれる根拠の1つは、倦怠感といわれています。 倦怠感を抱える人は、肉体的、精神的のどちらだとしても、不眠になってしまうと言われています。 なので、倦怠感を解決するためのリンパマッサージが、不眠の治療にもつながっていくのです。 なので、鎖骨下、足などのリンパマッサージが、とても効果的です。


更に、脇下のマッサージも、不眠への効果が期待できると言われています。 脇と不眠は、思っているより密接な関連があり、脇のリンパが詰まっていると、高い確率で不眠に悩まされます。 マッサージのやり方は、片腕を上げて脇をつかみ、そのつかんだ手を手前に引っ張り、脇を絞るような感じで流し揉む方法です。 この運動を何度か繰り返せば、脇下のリンパの流れへ刺激を与えることが可能となります。このマッサージは 自分で行うことができますので、ご自身でも不眠対策が可能なのです。