• リンパがトラブルを起こすと体に異常が出る

    そして、リンパ液やリンパ管といった器官は、血液とても似ています。そのせいか、働きももちろん、 成分もほぼ同じです。もとはといえばリンパ液自体、血管から滲み出た血漿となっていて、正しく言えば血液の一種です。 しかし、リンパの構造は血液とは違っています。血液が体の中を流れるには、心臓がポンプの役割をしてくれるからです。

    心臓が動かなくなると人の命が終わってしまう大きな理由は、このポンプ機能が止まって、血液が流れないからです。 ですが、リンパは心臓のようなポンプの役割の機能がないのです。 全身の筋肉が小さくなったりすることにより、少しずつ体の中へ流れていくのです。 こういった働きは、筋肉だけで動いている訳ではないです。

    例を挙げれば皮膚も、リンパはとても近い存在です。 皮膚が気温や外気からの刺激を感じれば、筋肉の縮小を分からないうちにしているでしょう。 そのせいか、寝たきりの状態であってもリンパは停止することなく移動しています。そのようなリンパですがぜったいに、 健康な状態であるとは限りません。場合により、循環に何かしらのリンパトラブル、が起きてしまう場合があるのです。

    そういったとき、リンパ液が全身に滞りなく流れることが難しくなり、その影響で体に悪い症状が出ます。 例を挙げれば、気付いたら足がむくむ経験は、たくさんの人が経験することです。 こういったものには様々な根元が考えられますが、1つに「リンパトラブル」という名称のものがあります。 こういったときは、リンパマッサージを行います。リンパの流れを正しい状態に戻すのが、 リンパマッサージをする理由です。リンパと聞いてもあまりパッと親近感がわかないかもしれませんが、 すごく身近なものなのです。

    リンパのトラブル
メインコンテンツ

リンパトラブルの原因


リンパが悪循環になると体調が悪化し、日常生活への影響がでます。 ですのでリンパマッサージをする前に「どうしてリンパの流れが悪くなるのか」といった原因を考えておく 必要があります。リンパマッサージは「治療」なので、そういったことを学ぶために、 いつもからリンパトラブルを避けて、いうなれば「予防」する必要があります。


リンパトラブルは、リンパ液が綺麗にリンパ管を循環されずに、滞ってしまうという環境を指します。 どうしてリンパが上手に流れないのかというと、根元は正しくいうには、とても多くあります。 そして、明確なのは、根元の結果、筋肉の収縮の回数が減るということです。 筋肉がリンパを全身で動いているので、そういったリンパの流れが悪化していくと、 筋肉が健全な働きが出来ていないということになります。


こういった理論から言えるのは、最初に運動不足はとても膨大な原因の1つになってしまうのです。 筋肉がそこまで刺激を受けていなければ、必然としてリンパの流れは悪循環へと変わります。 日常から全く運動をしていないと、リンパを流す力も減っていってしまうのです。 リンパの循環が悪化する最大の要因となっていると言えるでしょう。


ですが、こういったものの解決はそこまで困難ではありません。例を挙げれば、体力をつ けるため激しい運動を毎日やる必要はなく、 ただたんに決めた時間散歩するのみでも十分な効果が出ます 。1日のうち30分家の周りを散歩すれば、リンパトラブルの リカバリーになっていくで しょう。更に、冷え性もリンパトラブルの根元の1つとなっています。 血液のトラブ ルというイメージが強い冷え性だと思いますが、体が冷えているとリンパが滞りやすくなってしまうのです。 冷え性だとよけい症状は悪化してしまうのです。ですので、両方を解消できるリンパマッサージは本当に オススメなのです。

リンパトラブルの原因