• 自分で行う際の注意点

    注意点を理解した上で自分で行う

    様々なマッサージに応用可能ですが、事実マッサージをするときには、本人がするより、人にやってもらう時で分かれます。 実際、リンパマッサージも同様でしょう。 個人でも可能で、友人や親、またエステを通じて受けることが可能となります。 1番手軽となるのは、やっぱり個人でリンパマッサージを行うやり方が有名でしょう。

    場所関係なく、本人が空いた時間に出来るので、とても簡単な作業となります。 ですが、自分でするマッサージは、あんまり効果が出にくいのも事実です。手の届く場所がどうやっても制限されるのも 根元の1つとなります。そうなれば目で確認しながら出来ず、更に知識があまりない人がいるので、 リンパの刺激を行っていても、本当は刺激が出来ない場合があります。

    それを踏まえると、本人がリンパマッサージをするには簡単に感じますがとても難しいやり方なのかもしれません。 ですが本人がリンパマッサージを行いたい時、最初に環境を作ることが大切となります。 リンパマッサージは、風呂上りが1番効果的な方法となります。 体が大体温まっている時だとリンパの流れが少しよくなり、収縮てしまったリンパ節をより速く良い状態に持っていけます。

    更に、オイルを使うと更に効果が期待できるでしょう。 マッサージオイルを使用すればリラックスしながらマッサージが可能となるので、効率も良くなるでしょう。 健康状態が悪化してるとき、
    妊娠中リンパマッサージを行 うのはあまり良くないので、 こういったことも覚えておかなければなりません。 間違って行ってしまうと胎児に影響がでますので、特にこの点は注意しましょう。

    自分で行う際の注意点
メインコンテンツ

リンパマッサージで行ってはいけないこと


リンパマッサージについて、紹介します。リンパマッサージとは、きちんと、継続する力が必要となります。 日常生活の日課として、リンパマッサージを、取り入れることも1つの手となるでしょう。 ここでは、簡単にできる、リンパマッサージについて書いていきます。 1番に注意することですが、リンパマッサージ行ったらダメな場所があります。


こういった状態の人は、リンパマッサージを行うことは不可能です。 心臓疾患、顕戦傷、悪性の病気、低血圧、妊娠3ヶ月、喘息の発作時、腎臓に問題があると診断された場合、化学療法の途中、 臓器移植した時、高熱の人、生理中、脾臓摘出した場合、皮膚の炎症がひどい時にはリンパマッサージは適さないでしょう。 この症状がない人は、リンパマッサージの前に水を一杯飲んでください。


最初にふくらはぎの、リンパマッサージついて、紹介していきます。最初に、足の先から、マッサージをしていきます。 足の指の付け根から、足首へと、指の腹を使用してマッサージしてください。ふくらはぎを足首から膝の方向へさするようにしてください。 下上へと、何回も繰り返し優しくマッサージをしなければなりません。そして、膝の裏を円を描くように、 マッサージをするとより効果的でしょう。


そして、女性であれば1度は悩むであろう、太もものマッサージの仕方です。 最初に、両太ももの外側の部分を、こぶしで 膝から太ももに沿ってやさしくたたきます。 次に手のひらを使用し、膝から足の付け根へとまっすぐと考えながら、 他 の部位と同様の、力を加えてマッサージを行ってください。 簡単な作業ですが、リンパの流れはよりいいものとなるでしょう! 太ももは女性にとって気になる部分の一つですので、ぜひ一度ご自身で試して効果をみてみましょう。毎日フロ上がりなどに 継続して続けると効果が出やすくなります。