• リンパマッサージを自分で行う為の学習

    疲労がたまりがちな現代社会ですが、疲労は肉体、精神ともたまっていきます。 昔とくらべると疲労の種類も変化しているといえます。 PCが普及し、仕事でパソコンを使うのが当たり前になったので、目の疲れといった現代ならではの疲労もでてきました。 癒しを欲する声が昔より増えているのも、このような背景があるので当然だといえます。

    更に慢性的な癒しが流行となり、マッサージも増えました。 マッサージと聞くと、前はわが子のマッサージや、友人同士の方のもみあいなど、 一種ののコミュニケーションとなっていました。だけど現在は、お金を支払わなければならないのです。 マッサージがとても大切となっています。なので、今は沢山のの人達が疲弊しきっている時なのです。

    多様化してしまったマッサージの中に、今まで耳にしなかった名前のものもあるのです。 例を挙げれば、リンパマッサージ。 今は沢山の媒体で目にするようになりましたが、最初はあまりわからなかったはずです。 リンパ腺の存在は知れ渡りましたが、リンパマッサージという発明はなかったのです。

    だけど、リンパは美容面、健康面に対してとても大切な役割を体内で結果を生み出すことが分かり リンパマッサージとして広まり、今は主要マッサージの1つとなっていき、リンパという名称もよく耳にします。 更にリンパマッサージを、詳しく紹介していきます。

    リンパマッサージを学ぼう
    リンパマッサージを学ぼう
メインコンテンツ

経絡リンパマッサージ


人の体には、経絡(けいらく)という名称の部位があります。経絡は、体に対し、網目のように無数に枝分かれしている絡脈、 または体の上下に流れる経脈の名前です。体に大した五臓六腑を経由し、循環する脈となり、この脈の通り道では、 いうなれば「ツボ」があることで有名です。 12の経絡の元となり、部位が人の体に対して担っている役割は、とても大きいものでしょう。


そういったとき12経絡の健全性を保つためのマッサージとし、経絡リンパマッサージがあるのです。 経絡リンパマッサージは、12経絡のマッサージとリンパマッサージを基礎にしたマッサージ法となります。どうしてこの2つが 1まとめに可能かというと、リンパと経絡は基本的に役割が似ていて、更にマッサージをするには手法も同様であることが 関係してくるでしょう。


そして、経絡は東洋医学、リンパは西洋医学により発表されたもので、様々な分野で便宜上変えられますが、 人の体を基礎にした時、ぜったいに分けて考えることはしなくていいそうです。 なので、経絡とリンパを同時に1つのマッサージにする時は、最近増加傾向にあります。 経絡リンパマッサージというのは、ツボを軸にしたマッサージです。


なので、ツボの知識が必要となります。 例を挙げれば、肩こりに対し経絡リンパマッサージをする時、腕の内側の「内関(ないかん)」という場所を刺激します。 更に、ヒジ付近の「手三里(てさんり)」、肩中央の「肩井(けんせい)」というツボも効果的です。 こういった部位を刺激するマッサージが、経絡リンパマッサージとなります。自分でもできるツボであれば、 ぜひやってみましょう。それで少しでも解消されればもうけものです。プロのレベルは無理でも少しは改善が期待できますよ!

経絡リンパマッサージ